(今さら)辿異武器の破壊補正検証

はじめに
今週も特にやることを思いつかなかったので、今さら辿異武器による発達部位への破壊蓄積補正の検証をしてきました。
まず事前にどのくらいプラス補正が掛かってるのか調べてみたところ、どうやら破壊蓄積のみ約1.5倍補正が掛かってるようだということが分かりました。
今回の検証は完全に後発なので、ある程度の目安があって楽勝です。

検証方法
ということで、今回は辿異☆1ヒプノックの嘴で確かめてみようと思います。
使用する武器はハンマーのアルヴォーラマルトーと、真大蛇ノ鎚【煌然】です。
この2つの武器は倍率が煌然のほうが55高く、属性がアルヴォーラマルトーのほうが80高いので、シジルでその差をなくし、完全に同倍率同属性値に調整します。
スキルは保護スキルや多少の攻撃スキルを盛ることで、必要攻撃回数があまり多くなりすぎないように調整します。
必要攻撃回数が多すぎると検証が大変ですし、少なすぎると誤差が大きくなってしまうので調整は大切です。
ということで、今回のクエストと使用装備でダメージ計算した結果がこちら。(クリックで拡大)

単発ダメージ計算結果

上記表より、縦1の単発ダメージの計算結果は173ということがわかりました。
ということで、ひたすら縦1のみをし続けた場合の怯みは
非辿異武器だと5000÷173=28.9⇒29回
辿異武器で1.5倍蓄積だとすると5000÷(173×1.5)=19.3⇒20回
更に辿異武器での2回目の怯み(嘴破壊)に必要な回数は10000÷(173×1.5)=38.6⇒39回
という予想ができます。
この予想をもとに、実際にやって確かめてみたのが次2つの動画です。





結果
予想とぴったり同じ回数でしたので、辿異武器の破壊蓄積の補正は1.5倍で正しそうだということが分かりました。
ついでに、同じ部位での怯み値は2回目以降は通常のG級モンスターと同じように2倍(1回目+1倍)になっていることもわかりました。
結果は予想通りでしたし、もともとの1.5倍補正という数値もggって出てきた数値なので今回は簡単だった。と言いたいところですが、ひたすら頭を縦1で叩き続けるのは予想以上に面倒でした・・・(完)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。