スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利用規約改定によるラヴィエンテへの影響について

「モンスターハンターフロンティアZ利用規約」が2017年5月17日に改定された。
今回の改訂でラヴィエンテの募集に関係ありそうな箇所があったのでその部分に注目してみる。

身内先入れについて
今回の規約改定によって、G級ラヴィエンテで見られる身内先入れ募集が利用規約違反になるのではないかと思われる。
bandicam 0699

利用規約第9条禁止事項第17項で、共有エリアの一部または全部を独占する行為・発言が禁止された。
「共有エリア」の指す範囲を「不特定多数の会員が利用するゲーム内」と表現していることから、ラヴィエンテもこれに該当すると考えられる。
また、「一部または全部を独占する行為」が指すものに、ラヴィエンテ参加枠の事前確保(身内先入れ)が含まれる可能性がある。


別記の「大討伐クエスト」の禁止事項に関しての補足
●禁止となる行為(一例)No.5 「大討伐クエスト」に参加する32名の枠を固定化する発言や行為
禁止行為No.5

以前はラヴィエンテの参加枠に関する記述はこれしかなかった。
これだけでは身内先入れ行為が他の会員の参加を妨げる行為と言えるのか不明瞭であった。
そのため身内先入れ行為はグレーゾーンとして、事実上黙認されていた。それが今回の規約改定で禁止行為に該当する可能性が極めて高くなったといえる。


支援先入れについて
一方で、それでは支援の先入れも利用規約に違反するのではないかという疑問が出てくる。

同、●禁止となる行為(一例)No.3 特定のハンターに、パローネ=キャラバンから「支援」することを強要する発言や行為
支援参加について

ここで、戦略として参加者のうち数名に「支援」協力をお願いする、募集することについては禁止事項とはしないと書かれている。


さらに、「大討伐クエスト」を広域で募集するなどの行為について、において
仕切りの可否

「大討伐クエストの進行を取り仕切る」行為については「大討伐クエスト」をスムーズに進行させることを目的とした行為であり、問題にはならない。
とあるため、大討伐をスムーズに進行させることを目的とした「支援先入れ」については利用規約に違反しないと考えられる。


まとめ

大討伐の進行をスムーズにするための、主催や支援等の枠の確保は問題なし。それ以外の枠の一部または全部を独占する行為は禁止。(となると主催補佐的な文言での先入れは可能か・・・?)

参考URL
利用規約
http://cog-members.mhf-z.jp/support/rule/

「大討伐クエスト」の禁止事項について
http://cog-members.mhf-z.jp/sp/news/2656.html

改定以前の利用規約
http://cog-members.mhf-z.jp/sp/news/11697.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

読んでも理解できなかったのでコメントにて
参加者(32名枠)に支援をお願いするのは、禁止では無いが、支援の先入れに付いては、書いて無い気がします

No title

>支援の先入れに付いては、書いて無い
ななしさんがおっしゃる通り、規約等を読む限り、支援を先に入れても問題ないという記載自体はありません。
ただ、支援は大討伐の性質上必ず必要なものですし、支援を決めずに(先に入れずに)進行しまった場合に参加者の中で支援に名乗りを上げる人がおらず、大討伐の進行が困難になることが予想されます。そのため、本文に記載した「大討伐のをスムーズに進行させることを目的とした行為」をやや拡大解釈して支援の先入れを含めることも可能であると考えます。また支援は通常立候補制であり、当該ランドラヴィエンテ参加者(予定含)の代表である主催の承認を経て大討伐に先に参加しています。そのため、これを「共有エリアの一部独占行為」と考えるのは無理があるように思います。
以上のような理由で、私は支援の先入れに関しては規約違反には該当しないと考えます。ただ個人的な解釈が少なからずあるので違う考えの方もいるとは思います。

感想

いつも拝見しております。

規約改定あったのすら今の今まで知らなかった私ですが、少し感想を。

テレさんやおっしゃる通り、文面だけを読めば「身内先入れ」はNGかもしれません。
また主催補佐、という名目を立てれば事実上の身内先入れが出来るかもしれないですね。

所感としては、主催補佐って要は言い方変えただけじゃ?何するのよ?って疑問が残る、
そもそも支援と異なり立候補ではなく、主催指名なので明確なNGでは?など、線引きは難しく、規制しきれない気がします。
極端な例ですが、支援の補欠なんかは立候補ですが、不要な場合が殆ど、しかしながら先入れが行えるポジションです。(ほぼいないに等しいので例としても怪しい)

個人的には身内先入れはしないで欲しいので、ピンポイントでの規制はウェルカムですが、なんやかんや絶滅は無理かなぁ、と思いました。

No title

ゴリラゴリラゴリラさん
コメントありがとうございます。
主催補佐という名目での身内先入れは、抜け道を探した場合、こういった方法なら規約に違反しない可能性もあるという一例だったわけですが、実際にそういう主催がいたみたいです。

実際に主催補佐が必要となりそうな場面として考えられるのは
①主催が支援も兼任していて、広場の状況を確認できない場合、PT編成や出撃合図等の広場管理を補佐に一任する。
②主催が一時的に離席せざるを得ない状況になってしまった場合。
などでしょうか。
①は主催がサブアカウント(別アカ)を広場に置いておくことで対処できますが、HLを入れていないとワールドチャットができなかったり不便なこともありますので、誰かに広場を任せた方が楽なので補佐がいると非常に助かります。
②は滅多に起こらない(ように主催自身が気を付けておくべき)ので、そのために毎回主催が指名して枠を確保しておくのはさすがに枠の独占ではないと言い切るのは厳しい気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。